RLS Meetup#9レポート

リクルートライフスタイルのフロントエンドのいまとこれから

RLS Meetup#9レポート

こんにちは!ホットペッパービューティーの開発している手塚です。

先日開催された「RLS Meetup#9 リクルートライフスタイルのフロントエンドのいまとこれから」のレポートをお届けします。

今回は「フロントエンドのいまとこれから」をテーマに、じゃらん・ホットペッパーグルメ・ホットペッパービューティー・Airレジの4領域での様々な取り組みについてご紹介しました。

「vs レガシー」というテーマを掲げていたためか多くの方に参加していただき、それぞれの組織での取り組みやレガシーな環境についての話で懇親会も盛り上がりました。

Meetup#9の様子

それでは今回のMeetupで発表させていただいた内容を詳しくご紹介していきたいと思います。

フロントエンドFW戦争を乗り越え、デザインシステムを導入した話

一番手はリクルートライフスタイルに新卒入社し、Airレジを中心とした「Airシリーズ」のフロントエンドを幅広く担当している中村の発表です。

Airレジが採用した技術の背景やどういった意志で技術選定をしたのかという話、「Airシリーズ」横断でユーザ体験の統一を図るためにデザインシステムを導入した事例も語られました。

レガシーと向き合い技術スタックを代謝する(ElasticBeanstalk / Vue.js)

続いて、ホットペッパーグルメのレストランボードという業務支援アプリのフロントエンドリーダーを務める岩下の発表です。

既存の独自フレームワークと日々の業務の中で変更していったツール群の紹介と新規案件の中でフロントエンド/インフラの両面でチャレンジをした事例について共有しました。

Nuxt.jsとExpressでSPA×SSR×API Aggregationを実現した話

3番目は横断アーキテクトグループとして、ホットペッパーグルメやAirレジ、じゃらんでフロントエンドに携わっている山口の発表です。

じゃらんの既存システムを利用したWebアプリケーションを開発する際に、既存システムに影響を与えないようAPI Aggregation層を採用して開発を行った事例をご紹介しました。

地に足をつけたフロントエンドの改善

最後は私が担当したセッションで、大規模事業・組織でフロントエンドの改善に取り組む中で心がけていることについての発表です。

負債ができた経緯や表面化してきた負債の実例を紹介しつつ、なぜやるのか・どうやるのか・現状はどうなのかの分析といま進めている改善施策の適用を進める上での観点・注意している点などをお伝えしました。

最後に

今回のMeetupでご紹介したようにリクルートライフスタイルのフロントエンドは各々のプロダクトで未来を描いて改善活動をしていますが、じゃらん・ホットペッパーグルメ・ホットペッパービューティーといった事業は売上規模が数百億となっているため、プロダクトに変更を加えた際の影響が大きいため改善の難易度が高く、なかなかスムーズには進みません。

しかし、そんな規模で改善活動を行える機会はあまりないので、やりがいがある環境だといえるのではないでしょうか。

リクルートライフスタイルではフロントエンド領域に携わるエンジニアを募集しておりますので、改善に取り組んでみたい方や興味のある方は是非ご連絡いただけますと幸いです!

手塚 亮

(ビューティー事業ユニット プロダクト開発グループ)

一生懸命生きています

NEXT