DroidKaigi 2018

登壇&ブース出展

DroidKaigi2018で登壇&ブース出展しました

こんにちは!ホットペッパービューティーのAndroidアプリを開発しているnakazato(@oxsoft)です。

先日行われたDroidKaigi 2018にスピーカーとして参加し、また会社としてブース出展もしたので、その様子をレポートしようと思います!

DroidKaigiとは?

DroidKaigiはエンジニアが主役のAndroidカンファレンスで、2月8日と9日に開催されました。今年は「ニッチな技術とコミュニケーション」がテーマでした。
https://droidkaigi.jp/2018/

今年は1,000人以上の方が参加し、85件の発表が行われました。
https://www.slideshare.net/mhidaka/droidkaigi-2018-welcometalk

Kotlinアンチパターン

「Kotlinアンチパターン」というテーマでCfPを出し、今回初めてスピーカーとして参加しました。発表内容は、自分が中途で入社してすぐに参加した、ホットペッパービューティーのAndroidアプリをフルリニューアルするプロジェクトで得た、Kotlinのアンチパターンを紹介するというものでした。

中上級者向けというラベルを付けていましたが、今回は全員が参加するホールでの発表という機会をいただいたので、Kotlinをまだ本格的に使っていない方でもある程度話が分かるように、基礎的な内容を厚めに資料を作成しました。そのため、もう少し高度な内容を期待されていた方には物足りなかったかもしれないです🙇

およそ1,000人の前で30分話すというのは初めての体験でしたが、伝えたい内容は伝えられたと思います。

また今回、冒頭で参加者にKotlinをアプリ開発で使っているか聞いてみましたが、半分くらいの方が手を挙げているように見えました。AndroidアプリのKotlin化の流れを感じますね🎉

Raising hand

ブース出展

個人としての発表の他に、リクルートライフスタイルとしてブース出展も行いました。内容としては、サービスの紹介やノベルティの配布の他に、ソースコードを展示するという試みを行いました💪

一部のシークレットキーや開発環境のURLはマスクしたものの、それ以外は全て実際のソースコードを展示しました。そのため、FIXMEといったコメントや、もっと良くできるような実装も見せることになりましたが、開発のリアルを伝えることができたかなと思います。

来場者の反応としては中々好評だったと思います。1日目はホットペッパービューティーのCMを一番大きいディスプレイで展示していましたが、2日目はソースコードを一番大きいディスプレイで見られるようにしました。来場者の方は、パッケージ構成、build.gradle、テストコード、Extensionsあたりをよく見ていたように思います。

また、自分を含め実際に開発しているエンジニアが、来場者とソースコードを元にディスカッションすることができたため、我々としても新しい気付きをたくさん得ることができました。ブースに来ていただいた方、ありがとうございます!

Booth

おわりに

今年のDroidKaigiも大盛況で、大変勉強になるセッションがたくさんあったように思います。Androidというひとつのテーマについて、毎年こんなにもたくさんのトピックが生まれるのは、本当に素晴らしいことですね。

リクルートライフスタイルとしても、少しでもコミュニティを盛り上げていければと思いまして、R.ktというKotlinの勉強会を3/15に開催する予定です。ぜひこちらも参加登録していただければと思います。
https://recruit-lifestyle.connpass.com/event/78873/

また、3月1日、2日に開催されるtry! Swiftでもブースを出展する予定で、こちらではiOS版のソースコードを展示する予定なので、よろしくお願いします。
https://www.tryswift.co/events/2018/tokyo/jp/

今年もまた、Google I/OやKotlinConfがあり、さらにはKotlin Developers Confが日本で行われるそうで、楽しみなイベントが盛りだくさんですね!どこかでお会いした時は、声をかけていただけると嬉しいです🙋

中里 直人

(ビューティー事業ユニット プロダクト開発グループ)

ビール(IPA)が好きです

NEXT