リクルートライフスタイルMeetupレポート

初開催されたMeetupをまとめました!

リクルートライフスタイルMeetupレポート

こんにちは。SET(Software Engineering in Test)活動をしている関根(@AHA_oretama)です。

6/14にリクルートライフスタイルが主催するMeetupが初開催されました!(私は登壇しました)
今回はMeetupが開かれた背景、そのときの様子や雰囲気などお話させてもらおうと思います。これからも定期的にMeetupを開催していく予定なので、この記事を読んで、少しでも興味持ってもらえれば嬉しいです。

今回は技術的な話はほぼないのでご容赦くださいね。

Meetupが開催された背景

リクルートライフスタイルはホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティー、じゃらんなどに代表されるように、多くのサービスを世の中に提供しています。

しかし、それらのサービスを支えるエンジニアリングに関してはまだまだ認知度が低く、サービスほどは有名ではないように思います。
また弊社のエンジニアがどのようなことをしているか、どのように働いているかなど現場のエンジニアの様子は社外からはあまり見えていませんでした。

今回、Meetupが開かれた背景には、現場のエンジニアがどういった活動をしているのか、社員がどのように働いているのか、弊社のエンジニア活動をイメージしやすくしてもらいたいという思いがあります。

そのため、第一回となる今回は「エンジニア主導でのプロジェクト推進」というタイトルで、リクルートライフスタイルのエンジニアがどのように働いているのか、そしてエンジニアがどのようにプロジェクトを推進しているのかということにフォーカスを当てて、初のMeetupを開催させてもらいました。

Meetupの様子

開催前の様子

Office More Smile(@銀座)という開放感のあるオフィスで開催。
上の写真は、Meetupが始まったときのもので、ビールやジュースなどで乾杯から始まりました!

RLSのエンジニア組織について

まず始めに友永(プロダクト開発1Gマネジャー 兼 人事部企画G)より

  • リクルートグループとリクルートライフスタイルについて
  • リクルートライフスタイルの事業と組織について
  • 多種多様な機会創出
  • リクルートライフスタイルの開発とミッション

というアジェンダで発表しました。

ここでは、リクルートライフスタイルがどのような会社なのかを知ってもらうとともに、リクルートライフスタイルで働く魅力と求められるものについて説明しました。

個人的に一番印象的だったのは、「巨大なレガシーとの戦い」や「ステークホルダーの多さ」などの開発の難しい部分が、裏を返すと「大規模投資のチャンス」や「何でもやらせてくれる土俵」というリクルートライフスタイルでの働く楽しさに変わる、という部分でした。

実際に働いている自分もその通りだと思い、非常に共感できたのと、言葉にしてもらえると自分がやっていることの難しさと楽しさを理解することができたのが大きかったです。

また会社としての難しさを隠さずに説明してくれたのは非常に重要なことだったと思います。「入社してみて思ってたのと違う!」ということが発生しなくなりますし、逆にこんな難しいところでこそ活躍できる・したいという人も現れるかもしれません。

RLSににおけるプロダクト/プロジェクトマネジメント

次に佐橘(Air事業U プロダクト開発G マネジャー)から「RLSににおけるプロダクト/プロジェクトマネジメント」というタイトルで発表しました。

特に印象的だったのは、大規模スクラムでの失敗の話でした。
手段を目的にしてしまった結果、大規模スクラムに振り回されて生産性が悪化するという内容で、そこまで赤裸々に失敗談を話すことはなかなかないことです。
またそこから学んだことも非常に重要なことだと感じました。

※気になる方は添付の発表資料をご覧ください。

SETとして活動しはじめた話

そしていよいよ最後は私の番となり、「SETとして活動しはじめた話」というタイトルで発表しました。

緊張してうまく話せなかった気がします。
↓発表の様子

発表の様子

内容として、私がR-SET(Recruit Lifestyle’s SET)として活動し始めて、いままで何をやってきたか、そして何を今後やっていくのか、というお話です。

R-SETとしての活動してきたことは、CI周りの整備をして、CIのテスト時間を4時間から15分へ大幅改善したり、プルリクエストで指摘・可視化できるものはすべてフィードバックをおこなうようにしたりしました。

上記以外にも、最近ですが、ユニットテストコードが全くないチームにジョインして、テスト基盤やテスト環境を整え、率先してテスト作りをおこない、チームにテスト文化を作るということもやり始めました。

テストということにフォーカスをあてて今まで活動していたチームはなかったため、R-SETとしてやるべきこと・やらなければならないことは非常に多くあります。
また大規模なサービスになればなるほど品質が重要になるため、R-SETという仕事はやりがいがある仕事だと思います。

そんなR-SETですが、実は現在、私一人行っているため、一緒に働いてくれる方、絶賛募集中です!
R-SETの活動に興味を持った方がいれば、ぜひ一緒にR-SETを盛り上げていきましょう!

懇親会の様子

発表が終わったあとは1時間ほどの懇親会でした。

懇親会の様子

おいしい料理とお酒が振る舞われ、すぐに少人数のグループができて、みなさん、和気あいあいと話し込んでいました。

懇親会には登壇者以外にも弊社の社員が10名ほど参加しました。
現場社員と話すことを目的として参加してくださった方々も多かったようなので、リクルートライフスタイルのことをより知ってもらうことができ、満足度も高かったように思います。

楽しい時間はあっという間で30分ほど延長しましたが、それでも話が尽きず、ギリギリまで残ってくれる方もいました。
主催者側としては嬉しい限りです。

個人の感想としては、自分のタイトルを見て発表を聞きに来てくれた方がいて、その方と同じ悩みを話し合うことができたので、非常に満足のいく懇親会でした。
それ以外にもいろんな立場の人とお話できたので、楽しく過ごすことができました。

まとめ

リクルートライフスタイルの初めてのMeetupに参加していただいた方、ありがとうございます!
至らない点もあったと思いますが、これからもMeetupを定期的に開催し、プロダクトや組織についてリアルなお話を届けていきたいと思っております!

今回記事をご覧になって、少しでも興味をもっていただけた方は是非一度ご参加ください!

https://recruit-lifestyle.connpass.com/

スタッフ一同

参加した社員全員で写真を撮って、記念すべき第一回を締めくくりました

関根 康史

(R-SETチーム)

R-SETとして活動中です。登山、スノーボードが趣味です。

NEXT