イケてるUI100本ノック

開発者の文化を変えるきっかけに

開発者の文化を変えるきっかけに「イケてるUI100本ノック」

こんにちは、スマートデバイス開発チーム基盤担当の豊島です。

現在、スマートフォンアプリの開発を行うこのチームで、

新しい技術の研究開発や、開発品質の向上に取り組んでいます。

本エントリでは、研究開発の施策の一つとして行っている「イケてるUI100本ノック」について ご紹介したいと思います。

イケてるUI100本ノックの概要

イケてるUI100本ノックとは、iOS・Androidそれぞれのアプリ向けに、その名の通り100個のUIパーツを作る施策です。期間は半年間!

ただ作るだけではなく、イケてるUIを目指し、100個中10個はリクルートライフスタイルから既に出しているアプリに実際に装着してもらおうと思っています。

そして、中でも一押しのUIパーツはオープンソースとして公開します!

UI100個のうち10個はアプリに装着!イチ押しはオープンソースに!

施策の背景

リクルートライフスタイルでは、アプリを使ってくれる方たちにとってより良いものにするべく、 月に一回以上のペースで目まぐるしく改善を繰り返しています。

それでも、改善のための施策としてやりたいことは山ほどあり、優先度が高いものから取り組んでいます。

そのため動きのあるUIにこだわったり、新しい技術を試しながら作っていく時間を確保できないことも少なくありません。

そんな状況を見直すきっかけにするべく、基盤R&Dチームで試行錯誤しながらUI100個を作ってみることにしました。

施策の目的

今回の取り組みを行うにあたり、2つの目的があります。

1つ目の目的は、新しい技術や細部にこだわることの価値を証明することです。

我々が作ったUIを実際のアプリに装着したり、オープンソースとして世の中に公開すること、

新しい技術や、今まで扱ってこなかった技術を一歩踏み込んで取り組んだり、UIの細かなところまでこだわって作りこむこと。

これに時間を割くことは、ユーザーに提供できる可能性を広げることにつながる価値があると思っています。

(あと作っている本人も楽しい!)

2つ目の目的は、アプリの企画者と開発者のお互いの観点を共有して理解を深める機会を作ることです。

今回は作ったUIを既存のアプリに採用してもらうことも目標の一つとしています。なので、アプリの施策を企画している人たちにUIを今後どんどん持ち込んでいきます。

ただ作るだけでなく、企画者とコミュニケーションをとりながら進めることで、アプリの企画者がどんな観点でUI/UXを考えているのか、我々開発者がどんな技術的な取り組みを行っているか、といった意見交換ができます。

持ち込んだUIが採用されなかったとしても、開発者にとってはなぜ採用されなかったのか、企画者にとってはなぜこれがイケてるUIなのか、ということをお互いに知って考えることができるいい機会になると考えています。

実際にできたUI

と、ここまで偉そうなことを書きましたが、3ヶ月経ってまだ目標の100個まで半分もいってません。。

ですが、チームメンバーからいいものがどんどん上がってきています!これからです!これからペース上げてきます!

ということで、今回は出来上がってきたものの中からiOS, Androidそれぞれ1つずつご紹介します。

・iOS:RLSSnowCreaterView(仮)

 指定した画像がゆらゆら落ちてくるViewです。雪以外にも紅葉とか桜の花びらといった画像を使うことで、季節感を演出するのにぴったりです。

 Objective-CとSwift、両方で作ってます。

 

・Android:WaveSwipeRefreshLayout(仮)

 画面をリフレッシュするときに使うUIです。水滴が落ちるような表現や、上に戻したときの波の表現など本当に細かなところまで気を配った一品です。

 ちょっと気を配り過ぎたところもあり、かなり時間がかかってしまいました。

 

まとめ

というわけで、今回は研究開発の取り組みの一つ、「UI100本ノック」についてご紹介しました。

まだまだ途上にあるプロジェクトなので、最終的にどうなるのかまだわかりませんが、100個作りきって10個装着するところまでなんとかこぎつけたいと思っています。

また、それによって下記2つの目的も果たします!

  • 新しい技術や細部にこだわることの価値を証明する
  • エンジニアと企画者の観点を共有して理解を深める機会を作る

作りきった暁には、100個のUIがずらりと並んだキャプチャをこのブログで披露して結果報告をしたいですね。

あと3ヶ月後にどうなっているか、どうぞご期待ください!

豊島 圭佑

(スマートデバイス開発チーム)

アプリ作りに携わっています。アプリ作りに関わる(or 関わらない)技術や取り組みをご紹介していきたいと思っています!

NEXT